So-net無料ブログ作成

プリキュアと妖怪ウォッチの視聴者はどう違うのか? [視聴率の推移]

さて、プリキュアと今をトキメク妖怪ウォッチの視聴者はどう違うのでしょうか?
視聴率の観点から見てみましょう。

(本当はアイカツと比較したかったのですが、アイカツの詳細データが手に入らなかったため、
妖怪ウォッチと比較しました。)

妖怪ウォッチのデータは
2014.4月4日と、4月18日の2回の平均値(この2回分がネット上で容易に検索できました)を使用、
プリキュアもそれに合わせて、4月6日と、4月20日の2回分の平均値を使用しました。

(たった2話分のデータなので参考データレベルですが、まあ、傾向は掴めるでしょう)

先に言っておくと、放送時間の違う2作品の構成比を比較してもあんまり意味ないのは
承知でやってます。どうなるのか、は興味があるので。

で、結果は、これ。
         (%)
 世帯KIDSTEENM1M2M3F1F2F3
妖怪ウォッチ5.917.71.80.91.914.85.31.7
プリキュア5.1120.53.13.60.46.82.80.8
妖怪ウォチは、2014年4月4日、4月18日の2話分

プリキュアは、2014年4月6日、4月20日の2話分

で、この個人視聴率に関東の世帯構成人数をかけて、人数を出しました。
その結果はこんな感じ (グラフはクリックで拡大)
 youkawihikakuninzuu.jpg
今回は構成比がどうか知りたかったので、100人当たりに換算すると、こうなります。
(グラフはクリックで拡大)
youkaihikaku100nin.jpg
 これで見ると色々面白いことが解ります。

もちろん、KIDSの数も違うのですが、 
面白いのは、M1-M3,つまり成人男子の割合(グラフの青っぽい部分)ですね。
これが妖怪ウォッチ100人中計15人に対し、プリキュアでは27人で1.8倍、圧倒的に
成人男子は妖怪ウォッチよりもプリキュアを見ています。

これはもちろんその通りで、妖怪ウォッチが金曜日18:30に放送されていることが原因です。
この時間は(普通の)サラリーマン男子は仕事中、帰宅中で家にいない率が高いと思いますが、
日曜日の朝には在宅しているでしょう。その差だと思われます。
しかし、男子内で比較すると、プリキュアのM2(男35-49)は、妖怪ウォッチの約2倍なのに対し、
M1(男20-34)は妖怪ウォッチの5倍になっています。
「若い成人男子は、妖怪ウォッチよりもプリキュアを見ている」可能性があります。

逆に成人女子(F1-F3)の数(グラフの赤っぽい部分)は、妖怪ウォッチ42人、プリキュア38人と
若干妖怪ウォッチの方が多い位でほぼ同じです。

しかし、その成人女性の中では構成比が逆転し、妖怪ウォッチがF2層(女35-49)が多いのに対し、
プリキュアはF1層(女20-34)の割合のほうが高いです。
これは、妖怪ウォッチを見る層のお母さんに比べ、プリキュアを見ているお母さんの方が年齢が若い、
という可能性と、
単純に「若い女性は妖怪ウォッチよりもプリキュアを見ている」可能性が有りますね。

若い男女(M1,F1)の合計割合でみると、妖怪ウォッチM1F1計15人に対し、プリキュアは31人と、約2倍になっています。

つまり、プリキュアと妖怪ウォッチを比較すると、視聴者100人の内(理由は何であれ)、
子供はともかく、
成人は妖怪ウォッチに比べ、プリキュアのほうが男女とも若い世代が見ている、


ということはいえるのかも知れません。

 
まだまだ色々比較すると面白いことが解ると思いますけど、今回はこんな感じで・・・。

何か面白い分析出来たら教えて下さい。お願いします。
  

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 1

通りすがり

リクエストに応えていただきありがとうございます。
プリキュアの世帯視聴率が比較的高い時期に比べたせいかもしれませんが、kidsの差が思ったほどにはありませんでしたね。
by 通りすがり (2014-09-10 18:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0