So-net無料ブログ作成
検索選択
視聴率の推移 ブログトップ
- | 次の10件

プリキュア視聴率が年々低くなってきたのはテレビ全体の視聴率低下のせい? [視聴率の推移]

テレビ全体の視聴率の低下がどれだけプリキュアの視聴率に影響があったか調べてみた。
最近のプリキュアの視聴率が過去作に比べて低いのは、
テレビ全体の視聴率の低下が原因かもしれないので、その辺りを「サザエさん」の視聴率を基準にしてみた。
(異論はあるだろうけど、1つの指標としては、サザエさんの視聴率の低下具合=テレビ全体の視聴率の低下の指標とした)

で、このサザエ指数を導入してグラフ化してみたところ、こうなった。

sazae100.jpg
縦軸はプリキュアの世帯視聴率がサザエさんの世帯視聴率の何%かを示し、下に行くほどサザエさんから離されている、ということ。

もっと平行線っぽくなるかと思ったんだけど、グラフ上は、通常の世帯視聴率の変動とよく似た形になった。
(SSで下げ、YP5で上げ、GoGoで下げ、フレで上げ、ハト後半から下がり、SU以後は低い位置を維持)

これを見る限り、サザエさんの視聴率が低下している(=テレビ全体の視聴率が低下している)はプリキュアの視聴率にはあんまり関係無いことがわかる
初代に比べて最近のプリキュアの視聴率が低いのは、何もテレビ全体の視聴率の低下が原因「だけ」ではない、ということになる。


ちなみに、ライダーを100とした場合はこれ。
raida-100.jpg

戦隊を100とした場合
sentai100.jpg

プリキュアとサザエさん等長寿アニメの年間視聴率の推移について [視聴率の推移]

昨今のプリキュアシリーズの視聴率低迷がいわゆる「TV離れ」「アニメ離れ」が原因がどうかを調べた。
とりあえず、10年以上続いている、かつ時間帯が変更していないアニメを数点サンプリングし、年間の視聴率を調べた
(サザエさん、ちびまる子ちゃん、ドラえもん、クレヨンしんちゃん、(+プリキュア))

そうすると下記のグラフの様になる。
chouzyuanime.jpg

線形近似を取って近似直線をひっぱり、直線式を得た。
式の傾きで減少率の目安がわかるはず。(あくまで目安)

つまり、式より
サザエさん:1年経っても視聴率全く落ちない
ちびまる子ちゃん:1年ごとに-0.05%
クレヨンしんちゃん:1年ごとに -0.15%
ドラえもん:1年ごとに、-0.20%
プリキュアシリーズ:1年ごとに -0.26%

程度づつ視聴率が減少していくことがわかる。

もちろん放送時間なり裏番組なりの要素は多分にあるだろうけど、プリキュアシリーズの減少率が一番大きい。


一概にテレビ離れ(アニメ離れ)だけがプリキュア視聴率低迷の原因じゃなさそうな感じ?。あくまで、目安だけど

(関連記事:サザエさんの視聴率は本当に下がっているのか http://prehyou.blog.so-net.ne.jp/2014-08-27


プリキュア、ライダー、戦隊シリーズの視聴率の推移と52区間移動平均 最新版 [視聴率の推移]

プリキュア、ライダー、戦隊シリーズの視聴率の推移と52区間移動平均 最新版(ドキドキ18話まで)

<世帯視聴率の52区間移動平均>
52kukansetai.jpg

<KIDS視聴率の52区間移動平均>
52kukankids.jpg

KIDSは本当にどうしたんだろう。

プリキュアシリーズ 3ヶ月毎の視聴率の推移について [視聴率の推移]

プリキュアシリーズの3ヶ月毎の視聴率の推移です。

世帯視聴率
3kagetusetai.jpg
世帯視聴率は、スマイル後半からほぼ変わらず安定飛行中。

KIDS視聴率
3kagetukids.jpg


プリキュアシリーズの個人視聴率の52区間移動平均について [視聴率の推移]

プリキュアシリーズの個人視聴率(52区間移動平均) 最新版です。
(ドキドキ10話まで)
kozin52kukan.jpg
結局スマイルは、スイートで減ったF1,M1層が急激に増え、逆にM2,F2層が減っている。
特にF2層の減少が大きい。なんなんだろう。若い世代ならびに若いお母さん、お父さんが増え、
ちょっと年上の世代、お母さん、お父さんが減っている。特にF2の落ち込みは深刻。
オバサンのスマイル離れ。それがドキでも下げ止まらず。
この層はおそらく子供と一緒にプリキュア見ている層だと思われるので、
これがKIDS視聴率にも影響を与えているのかも

あと、スマイル後半のからM2層も急激に落ち、それがドキドキでも下げとまらず。

プリキュアシリーズの関東での視聴人数について [視聴率の推移]

視聴率には。「個人視聴率」なるものがある。
VR社のHPによると、関東地区で、個人視聴率1%=40.6万人なので、
関東地区におけるプリキュアシリーズの平均視聴者数がわかる。


   個人視聴率(%) 関東地区視聴者数
初代  3.82      155 万人
MH   4.13      168 万人
SS   3.27      133 万人
5    3.66      148 万人
GoGo 3.01        122 万人
FR   3.79      154 万人
HC   3.99      162 万人
SU   3.13      127 万人
SM   3.01      122 万人
(36話まで)

関東地区1話あたり、老若男女あわせて初代は155万人、スマイルで122万人が視聴していた計算になる。
初代と比較すれば、最近のプリキュアは約30万人視聴人口が減っていることになる。

、更にKIDS,F1などの各要素を比率で当てはめると、このグラフになる。
kantouninzu.jpg
視聴率を左右するのは、KIDSはもちろん、F1,F2層っぽいか。



- | 次の10件 視聴率の推移 ブログトップ