So-net無料ブログ作成
検索選択
共起ネットワーク ブログトップ

プリキュアの、センターピンクは何処に行く? --2ch本スレのテキストマイニング②-- [共起ネットワーク]

 引き続き、プリキュア2ch本スレのテキストマイニングです。
(前回、プリキュアにおける「相田マナの中心性」と「星空みゆきの独立性」はこちらです。)

今回は、「ハートキャッチプリキュア」「スイートプリキュア」の2つを行う予定でしたが、
ちょっと面白いことが判った(かもしれない)ので、

ハートキャッチプリキュアスイートプリキュアに、前回の「スマイルプリキュア」「ドキドキプリキュア」
そして「ハピネスチャージプリキュア」も加え、計5作品での分析を行いました。

で、今回の 結論ですが、

ピンクプリキュアは、ここ最近、役割が変わってきた」です。


 前回と同様に、当時の2chの本スレ「1月」の全レスを取得し、
テンプレ等を除外したものをデータとしてフリーのテキストマイニングソフト「KH Coder」にかけて
テキストマイニングを行いました。
(1月はプリキュア最終月、そこに残っていた「濃い」レスを抽出しました)


*******************
共起ネットワーク図を作ってみた
*******************

共起ネットワーク図中の

円が大きいほど、多くスレ内で語られていた単語
赤色が強いほど、話の中心性が高く
線が太いほど共起が強い(=関連付けられて語られている)、ということです。)

この共起ネットワーク図において、どこに単語があるか、は重要ではなく
あくまで「どの語」と「どの語」が繋がって(共起されて)出ているか、を見ることが重要です。


まずは、1個づつ見ていきます。

ハートキャッチプリキュア2011年1月の2ch本スレの共起ネットワーク図

 hc.png
赤い円、話の中心だったのは「ダーク」「サバーク」「デューン」。
やっぱりこの辺りの話でスレが盛り上がっていた様です。


*********************************************

スイートプリキュア2012年1月の2ch本スレの共起ネットワーク図

suite.png
「思う」が赤くて大きな円です。いかにスイート終盤はストーリー的な話で盛り上がっていたか、が解ります。

全然関係ないですけど「響」「奏」だけじゃなくてきちんと「アコ」「エレン」とも共起されていました。

きちんと「アコ」「奏太」の共起がおきていたのも微笑ましいですね。
あと、ちょっとスレが荒れていたような形跡も見られます。


*********************************************


スマイルプリキュア2013年1月の2ch本スレの共起ネットワーク図

smile.png
スマイルは前回詳しく見ましたが、右の5人の五角五芒星が美しすぎますね。

 *********************************************


ドキドキプリキュア2014年1月の2ch本スレの共起ネットワーク図

dokidoki.png 
ドキドキも前回の通り、「マナ」を中心としてストーリーもキャラの話も展開されていました。
様々なキャラに様々なキャラが共起され、複雑な関係がスレ内で展開されていた様です。
1月の分析でないと「キンジコ」-「ランス」の共起なんて絶対起きないでしょうから面白いですね。



*********************************************


ハピネスチャージプリキュア2015年1月の2ch本スレの共起ネットワーク図

hapiness.png 
ハピネスチャージは「ブルー」、こいつですね。スレ内でも多く語られていました。

おもに批判的な意見だった気もしますが。
「めぐみ」「ブルー」よりも「めぐみ」「誠司」の方が共起線が強いのが良かったですかね。
また、右側の言葉群がいかにスレが荒れていたか、を物語っています。

**********************
共起ネットワーク図から見えてきたこと
**********************

ここまで見ると、作品毎の傾向がわかるような気がします。

前回も書いた通り、スレにおいて、主にストーリー的な話が展開されている時は
「思う」「見る」「言う」などの言葉が使われていました。

これらの言葉と共起が起きている言葉を見てみると面白いことがわかります。

例えば「思う」という典型的な感想で使われていた言葉に注目すると、

ハートキャッチでは、「思う」 と共起が起きているのは「見る」
スイートでは、 「思う 」と 「プリキュア」「スイート」「言う」「見る」
スマイルでは、「思う」 と 「プリキュア」「言う」「見る」「話」
ドキドキでは、「思う」   「マナ」「プリキュア」「見る」
ハピネスチャージでは「思う」「めぐみ」「ブルー」「プリキュア」「見る」「話」


でした。

同じピンクプリキュアでも「つぼみ」「響」「みゆき」「思う」共起されていないのに対し、
「マナ」「めぐみ」「思う」共起が起きていました

kyoukisetumei.png

ここから見えてくることは、ピンクプリキュアに注目した場合において、


「ハートキャッチプリキュア」において、「花咲 つぼみ」ストーリーの中心ではなく

「スイートプリキュア」において、「北条 響も、ストーリーの中心ではなく

「スマイルプリキュア」においても、「星空 みゆき」ストーリーの中心ではない

のに対し、

「ドキドキプリキュア」において、「相田 マナ」ストーリーの中心であり

「ハピネスチャージプリキュア」においても、「愛乃 めぐみ」ストーリーの中心であった

ということです。

最近2作のプリキュアにおいては、ピンクプリキュアストーリーの中心にいたようです。

****************
センターピンクの差はどこからくるのか
****************


あんまり、こういう考え方好きではないのですが、「便宜上」、この2群の差を

「プリキュアの東映アニメのプロデューサーの差」ということにしましょう。


前半3作(ハートキャッチ、スイート、スマイル)は、梅澤 敦稔さんが東映アニメのプロデューサー、
後半2作(ドキドキ、ハピネス)は、柴田 宏明さんがプロデューサーを担当されています。
(その前のフレッシュプリキュアも梅澤さんですし、
スマイルは長谷川昌也さんも担当されていますが、今回は省きます。)


(断わっておくと、個人的にはこの「プロデューサーによる差」みたいな考えはあんまり好きではありません。
客観性が薄く、バイアスかかっちゃうと、都合の良いデータだけ拾ってきてどうとでも言えちゃいますもんね。
でも、今回はテキストマイニングで結果出ちゃったから仕方ありません。ということにしておきましょう。)



プリキュア5作品の2ch本スレのテキストマイニングから見えてくるのは、
(1月のスレ限定ですが)


「梅澤プロデューサーのプリキュア」においては、

ストーリー的な話と共起されるのはあくまで「プリキュア」であり、

決して「つぼみ」「響」「みゆき」に共起されることはなかったのに対し、


「柴田プロデューサーのプリキュア」においては、

ストーリー的な話と「マナ」「めぐみ」が共起されていました。

つまり、梅澤プロデューサーにおけるプリキュア(ハートキャッチ、スイート、スマイル)では、

あくまでストーリーを進行させていたのは「プリキュアチーム」でありピンクプリキュアでは無かったのに対し

柴田プロデューサーのプリキュア(ドキドキ、ハピネスチャージ)では、

ストーリーの中心にピンクプリキュアがいて、ピンクプリキュアストーリーを進行させていた

ということが見えてきます。

(少なくとも、2ch本スレ内の終盤ではそのような認識になっていた様です。)

そう考えると、確かに各プリキュアシリーズで色々と思い当たるフシがありますね。

(今回出てきていない例えば、「プリキュア5」は「のぞみ中心」な気がしますし、
「フレッシュ」は「4人の物語」のような気がします。これは今後できれば分析していきたいですね。)

まあ、このピンクプリキュアの扱いが本当に東映アニメのプロデューサーによる差なのか、それとも時代がそうさせているのかは解りませんが


ここ最近のプリキュアがピンクプリキュアを中心としたストーリー構造になっているのは
(少なくとも、大人がそう感じているのは)間違いないのかな、と思います。

そう考えると、

現在放送中の柴田プロデューサーの「Go!プリンセスプリキュア」

センターピンクプリキュア、「春野 はるか」

確かに「ストーリーの中心」にいるような感じがしますね。 


プリキュアにおける「相田マナの中心性」と「星空みゆきの独立性」  2chプリキュア本スレのテキストマイニング [共起ネットワーク]

というわけで、テキストマイニングが面白くて面白くて、
色々なデータを「KH Coder」に放り込んでは出来上がったデータ眺めています。

(テキストマイニングってのは要は膨大なテキスト群から単語等を抽出して関連づけて
なにか面白いことわからないかな?っていうやつです。(適当))


今回は、”スマイルプリキュア”と"ドキドキプリキュア”です。

結論から言うと、プリキュア2ch本スレをテキストマイニングして判ったことは、

やっぱり、

「星空みゆき」は、「物語の主人公では無く」

「相田 マナ」は、「物語の中心」だった。

です。(本気にしないでね)


 スマイルは2013年1月、ドキドキは2014年1月単月(要は各最終の月)に

2ch本スレに書き込まれた全レスを抽出し、

「KH Coder」に放り込んでテキストマイニングを行いました。
(要は1月まで残っていた「濃い」人のレスを拾いました)

*****************
共起ネットワーク図を作ってみた
*****************


で、結果です。

共起ネットワーク図中の

円が大きいほど、多くスレ内で語られていた単語
赤色が強いほど、話の中心性が高く
線が太いほど共起が強い(=関連付けられて語られている)、ということです。)

まずは、スマイルプリキュアから。

スマイルプリキュア2013年1月の2ch本スレの共起ネットワーク図

smile network.jpg

スマイルプリキュア終盤のスレは
「プリキュア」というワードが赤く大きな円で、これを起点としてスレが展開されていたようです。

解説は後述します。

次にドキドキプリキュアです。

ドキドキプリキュア2014年1月の本スレの共起ネットワーク図

 doki network.jpg
もう、ね。
「マナ」が赤くて大きな円で、マナというワードが中心となって
スレが展開していたことがわかりますね。

これまた解説は後述。

*************************
共起ネットワーク図から見えてくること
*************************


共起ネットワーク図において、

「思う」「見る」「言う」「話」などのワードが出るときは、
ストーリーについて話されている時です。

また、キャラ名のワードが出ている時は主にキャラについて話されている時でした。
(「KH Coder」の関連語検索で確認しました。)


そこで、その2つに注目して再度共起ネットワーク図を見てみると、

(スマイルプリキュア)
smile network-2.jpg

スマイルの共起ネットワーク図ではストーリーの話とキャラの話が離れています。

要は、スマイルプリキュア終盤のスレにおいては、
ストーリー的な話は、「プリキュア」というワードとともに語られ、(形式上の)主人公である
「みゆき」はストーリーに関連づけられて語られてはいなかったようです。

つまり、
このように↓
kakudaismile.png
ストーリーとは関係ないところで、独立して「5人」で共起を築いていたようです。

これはこれで綺麗な五角五芒星で、各キャラが各キャラと万遍なくつながり語られていたのはある意味
奇跡的ですごいことではあると思います。

(その中でも共起線が強いのが、「なお」「れいか」「なお」「あかね」でした。)

つまり、「みゆき」はスレ内において

スマイルプリキュアの終盤のストーリー上の主人公”として機能はしておらず

「スマイルプリキュアの5人の内の一人として」ストーリーとは独立したところでキャラ話的に語られていた傾向にあった、

といえるのでしょうか。


(ドキドキプリキュア)

 doki network2.jpg

一方、ドキドキプリキュアです。

 ストーリーの中心 にも、キャラ話の中心にも、「マナ」が関連づけられていることがわかります。

こちらは、良くも悪くも、「マナ」中心でスレが進行していたようです。

これは、本編を視聴していた人ならばわかると思いますが、
本編中でもマナを中心に描写されていた傾向にはあるので、
大友も、ある意味、製作者側の思うツボにはまっていたとも言えなくもないですね。
(しかしここまで顕著に共起ネットワーク図が出来上がるとは思いませんでした。)


(あと完全に余談ですが、「レジーナ」「マナ」「六花」3人の共起線がアツいですね。
あと、「マナ」「六花」よりも、「六花」「イーラ」の方が共起が強いのも面白いです。)




つまり、2つのプリキュアの主人公、センターピンクを比較すると、

みゆき」物語とは独立して、5人のプリキュアの一人として、

「マナ」物語」と「キャラ」の中心で

 スレ内で語られていた様です。

同じセンターピンクプリキュアでもスレ内での語られ方が違っていた、というのはとても面白いですね。
(まあ、限定的な2chスレ内の話ですが・・・・)

あと、 なんというか、「何となくモヤモヤと思っていたこと」が、テキストマイニングにより
バッチリと視覚化されると気持ちがいいものですね。


(本当にテキストマイニング面白いので、自分はプリキュア関連しかやる気はありませんが、
「仮面ライダー鎧武」と「ドライブ」の反応の違い、とか
「ラブライブ」と「アイドルマスター」の立ち位置の違い、とか
「アニメ艦これ」における前半と後半の共起ネットワークの差、とか
絶対面白いものになると思うんだけどなあ・・
誰かやってくれないかなあ・・)


まあ、次回は、更にさかのぼってスイート、ハートキャッチもやってみたいと思います。

 

(次記事:プリキュアの、センターピンクは何処に行く? --2ch本スレのテキストマイニング②--)


nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

あの時、プリキュアスレに何が起きていたのか。「共起ネットワーク」からみる2chハピプリ本スレ [共起ネットワーク]

 と、いうわけでまだまだ、ハピネスチャージプリキュアの話です。

今回はちょっと趣向を変えまして、
仮にも日本最大級の掲示板でのハピネスチャージプリキュア本スレにおいて、
大きなお友達たちが何を語り、何が起きていたのかをテキストマイニングを使用し計量的に見ていきたいと思います。


プリキュアは子供(とその親)向けであることは間違いありませんが、一定数の大友も見ていることも否定できません。

(ハピプリが子供向け作品としてどんな感じだったのか、
一応こっちの記事(ハピプリの残した数字(http://prehyou.blog.so-net.ne.jp/hapiness))で
玩具売り上げ,KIDS視聴率などの数字を出していますので参照してください)

この記事では、「大きなお友達」に特化して話を進めていきたいと思います。 
(ただし、プリキュア2ch本スレは大きなお友達とはいえ、”親”、”女性”、”若者から中年まで”多彩な人がいると思います)

いわゆる「テキストマイニング」の手法を使いハピネス本スレの分析を行いました。
(とはいえ、テキストマイニングの「さわり」部分、特に共起ネットワーク図をメインでしかしかやっていません・)

(例:↓共起ネットワーク図ってのはこういうのです。この図は後ほど解説。)
net.png


使用したソフトは「KH Coder」というテキストマイニング用のソフトで、(フリーで公開されています)

2ちゃんねるのハピネスチャージプリキュア本スレのうち、
2014年2月1日0:00~2015年1月31日11:59までに書き込まれた
全てのレスからテンプレ等を除いたものを分析の対象としました。
(Part17途中~252途中の235スレ分、
レス数にして約23万レス、約60万にも及ぶ短文の分析をおこないました。) 


で、結果です。 

<<頻出150語からみる、ハピネス本スレの動向>>

 
これは、当時ハピネス本スレにおいて使用されたワード上位150語です。 
 総合上位150.png

「思う」、「言う」、「見る」などの一般動詞が上位に来るのは当然として、
キャラ名で一番多かったのは「めぐみ」次に「ひめ」と続きます。

 

<<<<<<<<<<<<< 続 き を 読 む  >>>>>>>>>>>>>>


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
共起ネットワーク ブログトップ